WEBの力で気ままな生活を

WEB LIFE

ブログ運営

WEBライティング(リライトの重要性)

更新日:

ブログ運営において、作業工程の中で見逃しがちな

『リライト』作業の重要性について語っていきます。

『リライト』とは?

リライトとはこの記事では「修正」や「校正」の作業を指して話していきます。

いわゆる他所の記事からコピペしてきて自分の記事っぽく書き直す作業のことも、

リライトと呼ばれますが、著作権やSEO上も推奨されません。

なぜ記事を修正するのか?

記事を修正する作業は、下書き時点でも発生しますが、

投稿後にも修正することが考えられます。

修正というのは単純にミスの手直しといった意味合いです。

まさに読み返した際の誤字や脱字、誤りを修正していく必要があります。

WEB上には数多の情報が流れていますので、

当然のごとくたくさんの誤りで溢れています。

WEB上の記事ですから多くの誤りは斜め読みにより見えなくなりがちです。

それゆえ読者にはあまり気にはされませんが、

誤りを指摘されたときなどは真摯に対応していく必要がありますし、

誤りの指摘がないように心がけていきたいものです。

ブログにおける校正とは?

校正とは、ものの辞書なんかだと、

「くらべあわせて文字や文体の誤りを正すこと」なんていう風に書いてます。

ブログで考えると、できあがりの状態、プレビューや公開後の記事を見て直すような作業になります。

修正がミクロ的な読んでいて不自然な点の手直しだとしたら、

マクロ的に全体の体裁や不格好を直していく、

語尾や全体の文章構成の統一性などを見直す作業が、

校正と考えられます。

特にブログは画像や動画、コメント記事の引用など、

形にしてから体裁の崩れが発覚することがあります。

また、読者目線に立って初めて

「この記事見にくいな( ^ω^)・・・っていうか醜いな( ^ω^)・・・」

なんてことになっていることもあります。

テキストの強調なども並行作業してみよう!

作業工程としては校正は見やすさを増すためのリライトの作業と言えます。

この作業の重要な点は、「読者目線になって見直してみる」こととも言い換えられます。

ということは、テキストの太字化やテキストへのマーカー塗り、

段組みの調整なども校正や修正の作業に合わせて実行すると、

同時に記事の「見栄え」を調整することが可能となります。

リライト中に集客効果の高いキーワードを散りばめてみる

キーワードを散りばめることによるSEOの効果は非常に高いものがあります。

文章をいじり直す機会はリライトの作業にこそあると考えられます。

読み直してみると意外と自分の狙いと違った言い回しになった記事となっていることがよくあります。

こういうキーワードを使って集客しようと思ってたんだけどな( ^ω^)・・・

思いと文章は裏腹に、筆が滑らかに進むほど何を書こうとしてたのか意味不明な方向になることは

よくあります。

資産性が高いコンテンツにするため、ひとつひとつの記事の付加価値の高いブログを作ることにより

リライトはとても大事な作業のひとつと言えます。

リライトは記事の出来栄えを調整する重要な作業

リライトは、「読者目線に立って見やすさや見栄えの調整をする」ものでした。

リライトによる記事の洗練を通じて付加価値の高い記事を作って、

たくさんの集客ができるブログにしていきましょう!

意外と見落としがちな作業、リライトについての紹介でした!

-ブログ運営

Copyright© WEB LIFE , 2018 All Rights Reserved.