WEBの力で気ままな生活を

WEB LIFE

ブログ運営

WEBライティング(作業性重視の手順の組み立て)

更新日:

ブログを書き続けていくうえで大事な作業の考え方のひとつで、

ひとつに作業工程をわけていくことが考えられます。

そんな作業性重視のブログの投稿のコツを書いていきます。

作業を切り分けて考えてみる

“ブログを書く”とひとくちに言ってしまうとそれまでのように聞こえますが、

実に様々な作業で構成されていると考えられます。

少しブログを書くという作業をひとつのプロジェクトとして考えてみましょう

①お題を考える

お題を考える作業はとても簡単なように見えて実に重要な作業のひとつです。

空振りのお題を日々続けていくと人気なしブログの完成です。

いざ書き手となってみて、とびきり一つの話題が毎日思いつくような

人気芸能人のような楽しい人生を送っているひとは、

ブログで飯を食おうなんて考えないと思います。

ひとつのブログのみ運営していて、今日は何を書こうかなんて考えていると、

「今日は特にいいお題が思いつかないな( ^ω^)・・・

また明日なんかいいの思いついたらやってみよ(´・ω・`)」

モチベーションは下がる一方です。

典型的なパターンだと、人気のありそうな話題からGoogle トレンドからキーワードを下調べ、

書き手になったときに自分が記事にできそうか、

はたまたブログのネタとしてあげた際に炎上するリスクはないか、

など考えながらお題を選んでいきます。

自分のブログを読んでくれる読者の目線になって、

記事がニーズにマッチしているか、期待される水準まで記事として完成させられるかなども

重要なお題を探す作業のひとつとして考えられます。

たくさんのお題をストックして下書きしておくことで、

「今日はこのお題なら書けそうだ、これでいこう!(`・ω・´)シャキーン」

てな具合にスムーズに作業に入れるメリットがあります。

②記事の構成を考える

お題が思いついたら、次は構成を考えてみましょう。

話の筋が決まっている方が、読者の期待に応えられる可能性が高まります。

単純には見出しを作っていくだけで記事の骨組みができていきます。

お題からどうやって話題を広げていくか、

お題から読者はどんな答えを期待しているか、

テーマからどんな情報を読者に提供していきたいかを考える作業と言えると思います。

③見出しに沿って記事の本文を加えていく

見出しはテーマであって答えであって、それしか読まれない可能性も非常に高い箇所です。

テーマは非常に重要ですが、読者が期待するのは、期待した答えに対する解説です。

よくブログなどのWEBの記事は、斜め読みになってF字型に目が移っていくと言われますが、

見出しの下に続く本文は、自分なりのオリジナリティーや意見を出していく場所です。

読者が興味をそそられた見出しの下はよく読まれるということを意識して、

たくさん読んでもらえるように力を入れてライティングしていきましょう。

④記事の校正

わたしもブログ運営者のものの本や、トップブロガーの方々のブログの運営方法などを読み漁りましたが、

いずれの方々も記事の校正に多大な時間を割いて、

読みやすさ

構成の見やすさ

記事のわかりやすさ

などなど、どんどん工夫をして記事を洗練させています。

ブログは割と自由なイメージがありますが、

記法にとても洗練された技術が詰められているなあ、

わかりやすさとは何だろうか、

深く考えさせられるところでもあります。

こういったリライトの作業で洗練されたブログは非常に情報として価値の高いものを提供しています。

ブログといっても特定の読者にとってもは非常に価値が高く、

長く読み続けられたり、読み返されたりして、バズる記事の必須の作業とも言えるでしょう。

それは公開前の段階でも価値を高める重要な作業でもあり、

公開後においても読者により受け入れられる記事として重要な価値を提供するでしょう。

⑤画像やコンテンツを足してより面白い記事に

画像やコンテンツを足していくことは、記事の有用性を高めるとともに、

記事を一目みても飽きさせない、より読みやすい読み物として形成していきます。

挿絵としての画像や、他の人のツイートで自分の意見の支持を表現したり、

動画コンテンツを紹介することで、価値観を共有したりと、

実に様々な手法を用いる事で興味を引くことができます。

 

今回のテーマは作業を段階にわけて紹介してみました。

段階を追って作業を進めていけば、記事のストックをたくさん作っていくことができ、

毎日の更新作業にメリハリが出てきます。

たくさんのブログを運営していくのは、たくさんの作業工程をこなしていく作業でもあります。

ひとつの作業を縦の一気通貫で考えると行き詰まることがあると考えられます。

作業を横の目線でとらえて、並行して同じ作業を進めていく事で、

複数の記事やブログの運営をこなしていくことができます!

-ブログ運営

Copyright© WEB LIFE , 2018 All Rights Reserved.