WEBの力で気ままな生活を

WEB LIFE

ブログ運営

WEBライティング(文章の統一性)

更新日:

ライティングの作業でつまづきやすい読みやすい文章、統一された文章の書き方について紹介しています。

ライティングの作業で最初に意識することは文章の統一性

ブログでまとめ記事や商品紹介をしてみようと、いざ文章に起こしてみたものの、あとから読み返してみたら自分でも読みづらい、なんてことがよくあります。

不意に冷静になって読み手の立場になって読み返したときに一番気になるのが、統一されていない語尾や言葉の言い回しです。

「文章に統一性ないな( ^ω^)・・・校正するのも面倒なので削除じゃ!」

なんて100記事も書いた後に文章の語尾を揃えていくのは作業量から考えても非効率ですので、先に文章自体の統一性を意識して書き始めることをおすすめします。

自分なりの表記ルールを決めていく

「俺の気ままにやってる自由なブログに表記のルール」なんてと思うかもしれません。自分の中であらかじめお決まりのパターンがある人は表記のルール、文章のオチが決まっている場合はあまり意識しなくても文章に統一性がでてきます。

気ままに書いていても、なんとなくまとまっていて見やすい文章にするために、自分なりでよいので最低限設けた方がよい表記ルールの例を挙げたいと思います。

そろえた方がよい表記の例
語尾 である調、です・ます調など、語尾は基本的にそろえる
一人称 わたし、自分など、読み手が混乱しないようにそろえる
表記揺れ りんご、リンゴなど、文字の種類によるものや、外来語、送り仮名がある際は注意する

 

書きやすい文章の長さで統一していく

冗長な長い文章はできれば避けていきます。極力キーワードを絞った短い文章を目指していきます。

説明の足りない文章では読み手に不親切ですので、簡潔、明瞭で伝わる文章が好まれます。

また、長文で書きすぎたなーと思ったら、長い文章を細かく分けるという方法も有効です。

 

文章が単調になりすぎない工夫

文章校正をやっているとちらほら見かける、同じ文体を乱発して単調で読みづらい文章になる現象があります。

小学生の作文でありがちですが、

「そして ~~~  。そして ~~~ 。」

項目を箇条書きするなどして見やすい構成にしましょう。

 

また、感想文とかでありがちな、

「 ~~~ しました。 ~~~ しました。 ~~~ でした。」

感想文なら、

「 ~~~ といえば ○○! ~~して、楽しかったです!また行きたいです!」

少し話し言葉も織り交ぜてテンプレート化していけば悩まずに感想も文章化できます。

文章を統一するとリライト(修正)作業の時間が短縮できる!

文章の統一や抑揚のつけかたを意識した文章を書いていけば、必ず行き当たるリライトの作業が大幅に短縮可能です!

アフィリエイトブログを始めた際に、収益化の下準備で100記事が目安とされていますが、その後の文章校正作業を考えると、膨大な作業となります。

次の100記事を手早くこなしていくためにも、簡潔・明瞭かつ、読みたくなる文章を目指していきましょう!

-ブログ運営

Copyright© WEB LIFE , 2018 All Rights Reserved.